落雷頻度データ

全国雷観測ネットワークから観測された落雷観測地点集計データ

落雷頻度データ

株式会社フランクリン・ジャパンが運用している、全国雷観測ネットワーク(JLDN:Japanese Lightning Detection Network)から観測された落雷観測地点データを、2次メッシュ別または市区町村境界別で集計したデータです。落雷の発生数の多い地域がわかります。大規模建物・土木施設等を建築する際の候補地の選定や事前調査などにご利用いただけます。JLDNは、雷放電により発生する電磁波をセンサーで受信し、GPSから送られてくる正確な時刻情報をもとに、複数のセンサーからのデータを処理することで、雷放電の発生位置を標定し、雷電流の大きさを推定します。1つの雷に対し、常時平均6~7基のセンサーが参加する高密度のネットワークであるため、一部のセンサーの故障による雷の捕捉率の低下がほとんどなく、正確で信頼性のある観測が24時間リアルタイムで可能となっています。広域において安定した精度の高い雷データを得ることができ、日本の陸域における観測精度は、捕捉率90%以上、平均位置誤差500m以下となっています。

データ仕様

特徴
  • 世界で稼働しているシステムの中でトップクラスの観測精度を有する雷データ
  • ArcGISで、すぐに表現・分析可能
データ発売元 株式会社フランクリン・ジャパン
測地系 世界測地系
座標系 緯度経度
提供形式 ファイルジオデータベース形式
提供地域 日本全国(海域含む)、市区町村、2次メッシュ
更新頻度 年1回
備考

過去のデータ(2014年以前)の販売も可能です。個別にお問い合わせください。

価格

お問い合わせください

no data

No tags